しゅんぺーのプロフィール 

ワクワクする自由な冒険へ出かけよう!

初めまして、しゅんぺーと申します!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

私は欧米輸入と韓国輸入を主軸に、パソコン1台で収入を得て生活しています。

コンサルティングやこのブログ以外のブログ構築など文章を書くことも仕事としています。

このページでは、自己紹介を含めた生き方や考え方、価値観をお伝えしたいと思います。

現在、会社員や公務員として働いている方に読んでいただいて、何か得られるものがあれば幸いです。

しゅんぺー



私は兵庫県淡路島出身の27歳。


Mr.Childrenとバスケットボール、映画をこよなく愛する元教師です。


大学卒業後は中学校の教師をしていました。


子どもたちは好きだけど、働き方に不自由さを感じて転校(転職)。


今では、パソコン1台で時間や場所に縛られない働き方を実現しています。


ノマドワーカー・パラレルキャリアという働き方です。


旅行をしたいと思ったら平日のど真ん中でも自分の好きな日程で旅に出ることができますし、


なんなら1週間旅先でのんびりと仕事をすることもできるんですよね。

しゅんぺー

今では全国のゲストハウスをまとめたブログも運営しているくらいです!笑

また、友人と会う時でも相手の都合にいつでも合わせられる便利な生活をしています。


おしゃなジャズが流れるカフェでのんびり読書をしたりもできちゃいます。


そんな自由に趣味に没頭できる自由な時間で仕事をすることができているんですよね。


今思うと学校という職場を抜け出して、自分のビジネスを持つことは勇気のいる決断でした。

 

でも、確実に今のノマドワーカーという働き方の方が私は好きだし、私に合っているのかなと思います。


むしろ、こんなにも自分の人生を自分で作っていける生き方や働き方があるなんて夢にも思っていませんでした。


とはいえ私は元々先生しかなる気がなく、先生をしていれば安心だ、と思っていた学校以外の社会を知らない世間知らずの一般人以下の一般人でした。

部活動に明け暮れた学生時代




私には起業を志すようなぶっ飛んだエピソードはありません。
(学生時代からお金の勉強をしていたとか、留学経験とか、バックパッカー、ヒッチハイカーなど)


小学生から大学まで部活動一筋で過ごし、将来が安定してそうな教師という道を目指していました。


小学4年生から始めたバスケットボールに大学4年生までみっちり、がっつり浸っていました。


友達から誘われて始めたバスケですが、どんどん成長していく感覚が楽しくてハマっていったんですね。


有名な選手(今はBリーグでプロになっているような選手)と試合ができたり、しんどい練習を仲間と一緒に耐えたり、経験やメンタルは鍛えられたかなと思います。

しゅんぺー

元チームメイトはプロの選手になったり、国体選手を現役でやっています!

しかし、私自身は県で優勝・優秀選手などそこそこの実績はあるものの、「バスケばっかりやってても将来は食ってはいけないぞ」と思い始めたのは高校生の時でした。


でも、バスケは大好きだったので将来も関わっていければと思っていた時に出てきたのが『教師』という選択肢でした。



『部活動の指導でバスケ教えられるやん!これって楽そう!』って思っていました。
(大好きな給食も食べられるということで一石二鳥でした!笑)


中学校の保健体育の先生になれば両方叶うだろうと思い、教師を目指すことにしました。


部活動を引退して教師になると決めたら、志望校を目指してまっしぐらでした。


高校の部活動を引退した時の志望校はD判定。


センター試験の模擬試験で例えると900点中180点。

しゅんぺー

本当にバスケ馬鹿の壊滅状態でした。笑
しかし、がむしゃらに勉強してA判定まで点数をあげて、香川大学に入学しました。
(一応、地方の国立大学です)


点数で言えば580点でした。


そして、私の大学時代もやっぱり大半を部活動に捧げる日々になりました。


みんなが遊んでいるときに練習をして、みんなが休んでいるときに試合をして、部活動に捧げた青春時代がそこにはありました。


プライベートの大半をバスケットボール費やした私は心の片隅に、


「このまま学校の先生になってまたプライベートもなく働くんだろうな」


という思いを抱きながら、社会人へのカウントダウンが始まりました。

(インカレ出場をかけた四国大会決勝戦の写真です)

自由という選択肢ができた初の海外旅行



社会人になるまであと数ヶ月。


最後の思い出作りに友人と大学の卒業旅行で、スペインのバルセロナに行きました。


私の価値観に変化を与えてくれる初の海外旅行でした!


もう見るもの全てが新鮮で、ワクワクが止まらなかったんですね。


(絶対に動かないパントマイマー。チップをあげれば動きます。笑)




他にも、ご飯を注文するのもメニューに何を書いているのか分からなければ、言葉も通じない。


電車に乗ることも文字が読めないだけじゃなくてスリに遭う危険性がある。
(バルセロナは世界ナンバーワンのスリの地域。巧妙なんですよ。笑)

しゅんぺー

友人は見事にスラれてしまいました。笑

でも、それらが不自由ではなく『自分の今まで住んでた世界って小さかったのかも』っていう未知の世界に冒険することへのワクワクだったんです!


いろんな本を読んで、よく「海外を見ろ」というフレーズが出てきますが、海外を見て私の中でも選択肢が増えました。


それは自由”という選択肢です。


社会で働く事を目前に、しかも教育実習などで教師のブラックな部分を垣間見ながらそれでも教育の道に踏み出そうとする私には衝撃でした。


職場に箱詰め状態の日本とは全く違う景色が広がっていました。


バルセロナでは、平日の昼間っから公園でのんびりくつろいでいる大人がたくさんいるんですよね。

しゅんぺー

スーツ姿の人も公園でのんびりしているんですよね!笑

それが不思議でたまりませんでした。


大人になっても仕事だけで人生が完結せずに、自分のライフスタイルを確保している大人がいることがすごいと思いました。


そののんびり感がよくて滞在期間の5日間は毎日公園に足を運びました。


(もうバルセロナが終わっちゃう。もう社会人になっちゃう。と思いながら名残惜しく散歩をしている様子)



(また世界中を旅して、ニューヨークのど真ん中とかでこんな調子に乗ったポーズもやりまくりたいなと思っていました。)



(また、バルセロナに行ってのんびりしたいな。てかもっと世界を見たい!)


社会に足を踏み入れる間近にして、『働きながら自由が手に入るなら、絶対に自由を選択をしたい』と正直、心が揺れ動いていました。


それは大学の卒業旅行にして初めての海外旅行で、


平日の昼間から公園でのんびりできるような大人像を見てしまったから。


そして、働き方には自分が知っている以上に多様性があるのかもと感じつつあったから。


しかし、それらの”自由”という選択肢の可能性に気づいたものの、時すでに遅しで厳しくエゲツない社会人生活がスタートしてしまいました。。

想像以上の教育現場のエゲツなさ



大学を卒業するやいなや、働くための準備を何一つすることなく、4月1日から不安と希望を抱きながら勤務する中学校に向かいました。


全く知らない先生方ばかりで、右も左も上も下も分からない職員室で、気を使いながらも何をしていいのか分からないという状況です。


私は1年生の学級担任を任命され、あっという間に壮絶な教師生活が幕を開けました。


入学式までの1週間、何をすればいいのか分からず自分の教室で2日間くらい籠ってました。笑

 

自分から聞かないと新人でも何も教えてくれない社会人の環境に厳しさを感じながらも何とか準備を終えて、入学式で新入生を迎えることができました。

 

入学式が終われば、4月末に授業参観と家庭訪問。

 

五月末には運動会と、次から次へと行事が押し寄せてくる毎日でそこに一喜一憂する間も無く時はすぎて行きました。

 

もはやこなしていくだけの行事たちで「社会人って半端ないな」とすでに嫌になってました。笑

 

しかも部活動ではバスケを指導することが夢だったにも関わらず、指導を任されたのはサッカー部。。。


学校の不良が集まるサッカー部だったので、それを若い力で変えてくれという狙いだったみたいです。


そもそもサッカーなんてよくわかってないし、戦術なんて教えられません。


そんな部活を土日も休みなしで指導する日々でした。
(サッカーは毎週のように試合があるんです。。。)


結果的にはその子たちが真面目に練習をして、態度も変わってきて、県一位になるための土台づくりに貢献できたので勉強にはなりましたが、


若手にこれをやらせる教育制度ってやばいなって思います。

 

なかなか大きな学校なので先生自体は40〜50人くらいいたし、その中で3、4人くらいの新人のなかの2人でサッカー部を任されましたからね。

 

しかも、相方の先生もサッカーが専門ではありません。笑

 

そんな時にふと、学校は必ずしも先生一人一人を守ってくれないんじゃないか?



とも思い始めた時期でした。


そして、平和な学校ではなかったので放課後の部活の後は、生徒指導と家庭訪問がほとんど毎日のようにある平日でした。


部活動の朝練も含めたら朝5時半から夜10時まで学校で過ごしていました。


土日も部活があったので、ひと月に完全に1日オフの日は1、2回くらいでした。

 

年齢とかは関係なく半分以上の先生がそんな働き方を平気していました。



私はそんな働き方の中で、彼女や友人と約束していても生徒指導で約束をドタキャンしたり、大幅に遅れたりで自然と彼女や友人との距離も遠ざかっていきました。


そんなしんどくてしんどくて仕方がない日々だったのですが、


どうしてそれが続けられたのか、これは単純で「みんながやっているから」なんですよね。


ここで言うみんなっていうのは、職員室の中にいる仲間意識の強い先生たちだけのことです。
(早く帰る先生は早く帰っていましたけどね。)

 

視野が狭くなっていて、その時はそれが全ての大人のように見えていたんですね。


「あの意識の高い先輩の先生が仕事をしているから、自分も仕事をしよう。休日も仕事をしよう。」


「みんなは弱音を吐かずに働いているから、自分も弱音を吐いてはいけない。」


こんな日本人特有の集団意識の中で、自分を押し殺しながら仕事をしていました。


40、50代の先生も私と同じ時間かそれ以上の働き方を続けていましたからね。


「こんな働き方をあと35年も絶対に続けられない」という思いはありながらも他に選択肢がなくズルズルと続けていました。

教師以外の道が見えたきっかけ


教師を続けて3年が経つ頃いくつかのことが見えてきました。

  • プライベートな時間はこれからも得られない。
  • 周りの教師は毎年同じような愚痴や話題で盛り上がっていて面白くないと思う時がある。
  • 学校(職場)に行くとなぜか毎朝お腹が痛くなる。

しゅんぺー

毎朝お腹がピーピーなのがホントに辛かった。。。笑

ずっと教師として働くことに絶望を感じている時に僕は教師という職を失うことになりました。


採用試験には受かっていない臨時教師という立場で雇用の枠が無くなったからです。


将来教師を目指している人なら、「仕事がなくなってやばい」と思うかもしれませんが、私の心はその真逆でした。


『もう学校に行かなくていいんだ。』


本当にホッとしました。


もうボロボロの状態だったので、働かないことが最高でした。笑


でも、最高という余韻にはずっと浸っていられません。


働かないとお金は減っていく一方です。


そこで閃きました!


『身の周りの不要品を売っていこう。これは少なからずお金になるはず!』と。


そこから、メルカリやヤフオク、ラクマで不要品を売っていく日々が始まりました。

そして、ノマドワーカーになるという第二の人生が始まりました。

不要品整理からネットビジネスへの転換



まずは、教師時代に使っていたものをほとんど出品しました。


必要なくなった教育書、授業中に着ていたジャージ、使わなくなった審判着。


こういうものたちを次々と売っていたら、3万円くらいになりました。


思っていた以上に個人でものを売ることがお金になることに気がつきました。


それで思ったんですね。


『これは自分で仕入れて売ってもお金になるはず!』


まずは ”せどり” から始まりました。


セール中のスポーツ用品店に行って、半額のものを買ってネットに出回っている価格より安く販売して利益を得る。


ということを繰り返していきました。


もっと利益を出したかったので、書店でネット通販のことを調べてみると、


『同じ商品でも海外からならもっと安く仕入れられるかもしれない』

 

ということがわかりました。

 

ここからは独学で1〜2ヶ月くらい輸入ビジネスを行いました。

 

「ebay」という今も使っているサイトからファッションブランドを中心に仕入れて、販売をしていました。


それでも、月に3万円くらいにしかならず、本に書いてあるようなネットビジネスだけで生活できる利益は出せないなと諦めていました。


何より、『大量に仕入れて売れなかったら大変だ。』という意識が強かったです。


そんな時に輸入ビジネスであるトラブルが起きました。



それは、「レイバン」のサングラスを仕入れた時のことです。


激安で仕入れて、思い切って売り切る覚悟で3つ仕入れました。

 

合計で24000円のものでした。


しかし、届いてみるとサングラスではなくレンズだけが入っていました。

しゅんぺー

せっかく仕入れたのにマジか。。。

これでは売り物にならない、なんとかしなくちゃ、と思ってグーグルさんで色々と検索しました。


「ebay 返品」とかで検索して出逢ったのが、ある方のブログでした。

 

その方は私と同い年ながらも私より2年も早く輸入ビジネスを始めてすでに脱サラもしていました。

 

朝は自分の好きなだけ寝る、たまに1週間くらい海外旅行に出かける、仕事をする場所はカフェや自宅、旅先と自由!

 

パソコン一台あればどこでも仕事ができるスタイルを確立していたんですよね。


その方のブログの会社に依存せずに自由に過ごすという世界観に惹かれて、すぐにメルマガ登録しました。


そして、メルマガを購読して一週間後に直接音声でコンタクトを取り、直接指導を行っていただきました!

 

自分の当時の利益でもまかなえるほどのコンサル料金だったので即コンサルをお願いして、僕の輸入ビジネスが始まりました!


僕は持ち前のやる気と根性で(笑)開始3ヶ月で月利11万円を達成して、ブログも書き始めました!


開始7ヶ月目にはブログを書いていて忙しいというのも相まって週3時間の作業時間しかとれなかったのですが、月利19万円を達成することもできました。

 

その後、月収30万円を越えるようになって独立しました!



その中で、パソコン1台あれば、時間も場所も関係なく世界中どこでも働けることを実現してこれからの生き方に幅広い可能性を感じました。

 

しかも、自分が探してきた商品は資産化して、ほぼ手をつけなくても利益を上げられるようになり、国内ユーザーの方と直接取引もできるようになりました。


その結果、会社に依存せず、自分の人生は他人任せにせず、自分で作っていくことができいます。


今思えばそもそもの可能性に気づいたのは、不要品の販売という些細なことからだったんですよね。


自分一人だけの力ではなく、輸入ビジネスを通していろんな人に出逢い、”可能性”を広げていくことができました。


輸入ビジネスを通してできたつながりも今では大きな財産です。


自分の思うようにデザインをして人生を作っている感覚です。

何の仕事をするのかではなく、どう生きたいかが大切


私は人生において何の仕事をするのかが大事なのではなく、


どうやって生きるのかが大事だと考えています。


だから、会社に縛られない自由で複数の仕事に取り組める今の働き方ができていることに自由を感じています。


私が考える自由っていうのは、めちゃくちゃお金を持って、バカほど豪遊するっていうことではありません。


「いろんな選択肢がある生き方」が自由だと思っています。


晩酌の際にエビスにするかクリアアサヒにするかも。


旅行に出かけるのも道後温泉にするかハワイにするかも。


どっちも選べる自由があるということが、”自由”だと思っています。


会社に属している限り、やりたいけどできない制限があったり、不自由さを感じることってあると思います。


例えば、会社に勤めていたら、旅行をしてもきっと帰りの飛行機や新幹線の中で「明日からまた仕事か」って誰かが言い出すんです。
(これは経験上99%起こること!)


何なら、旅行の行きのバスや飛行機の中ですら会社の愚痴とか「あー忙しい。時間もお金もない」とか言ってるかもしれませんね。笑


それは会社に縛られて、どこかで枠にはまった生き方をしてしまっている証拠なんです。


旅行帰りに明日からの仕事のことを考えだすと本当に鬱になりますよね。


だから、旅行帰りに「明日からまた仕事か」と言わないだけでも幸せなことだと思います。


多分それはどこかで会社から解放されたいとか自由になりたいと思っているからなんですよね。


しかし、世間のほとんどの人が「でも、仕方がないから明日からも、、、」ってなってしまうんですよね。


現状は変えられないとか自分はこれくらいの人間だって自分で見定めてしまっているからです。


そして、いろんな働き方や生き方があることを知らないから。


世の中には本当にたくさんの価値観があって働き方や生き方があります。


他人(会社)に作られる人生じゃなくて、自分の手で人生を作っていくことも一つの方法です。


私は他人に作られた人生が楽しくなくて不自由だと感じました。


幼い頃から目指していた学校の先生というお仕事ですが、私の生き方を考えた時にこれは一生できる仕事ではありませんでした。


社会人になっても


『遊ぶように働きたいし』『好きなことが仕事になれば楽しい』


それができればいいと思いませんか?


学校にいる時でも激務の中でも夜通し釣りに行っている校長先生や


生まれたばかりの子どもに会うために定時に直帰する先輩とか


先生をしていても自分の好きなことや譲れない時間を本気で過ごしている人はキラキラしています。


だから、私は何の仕事をするのかが大事ではなくどういった生き方がしたいかが大事だと考えています。


それが今のパソコン1台でいつでもどこでも働くことができるという働き方だったというわけです。

しゅんぺー

自分のやりたい生き方がやり放題ですからね。笑

これからやりたいこと



これからもさらなる自由を求めて、いろんなことに挑戦していきます。


ビジネスも色んなことに挑戦し、プライベートでも夢を叶えていきたいです。


ビジネスではコミュニティを作ったり、物販も現地買い付けに行く輸入を行ったり、国内で完結する取引も行っていく予定です。


特に、Mr.Childrenをこよなく愛するとか言いつつ奥手な性格で、ライブには行ったことがありません。


だから、ライブには絶対に行きます!笑


ミスチルの生歌を聞いて感動したいです。


バスケも本場アメリカのNBAを生で観戦するという夢を叶えようと思います。


きっとその夢を叶えた先にも次の夢があると思います。


皆さんにも各々の夢を叶えて欲しいです。


なので、欧米輸入や韓国輸入を主軸に、そのノウハウを発信していくことで、たくさんの方々にいろんな選択肢を持って自由になっていただければ幸いです。


そのために輸入ビジネスのコンサルティング、ブログの個別指導も行っています。


同じ志を持つ者が多いほど心強いものはありません。


自分の人生は自分の手で作って行きましょう!


そのためのサポートは全力でしますよ!


私の経験に基づいて作ったビジネス教材『Atlas』で輸入ビジネスやブログ構築・情報発信を進めていくこともできます。


無料メルマガの登録者限定で期間限定で、無料配布しています。

しゅんぺーの公式メルマガ『Excitement Magazine』です。

 

メルマガでは初心者でも一から資産を作っていくためのノウハウや思考方法を配信しています。


私のビジネスの最新情報もお話ししていますよ!


またブログでわからないことや、共感してくれた方はお気軽にLINEにメッセージをください(^^)


なんならお茶でもして直接話しましょう!


こちらがしゅんぺーのLINE@です

友だち追加

最後まで読んでくださってありがとうございます(^^)


自由への一歩を一緒に踏み出しましょう!


輸入ビジネスの無料コンテンツを受け取る方はこちら!

開始3ヶ月で月利11万円を達成したコンテンツです!


 
自由な未来を一緒に作っていきましょうね!


ブログも日々更新していますのでぜひ!