ebayの値下げ交渉術を画像付きで解説します。『Make Offer編』

どうも!しゅんぺーです!

ebayの値引き交渉は2つあります。

  • Make Offer
  • 直接メッセージでの交渉


今回は、その中の『Make Offer』の使い方について画像付きで解説していきたいと思います。

誰にでもできる簡単な方法なのでぜひ試してみてください。

では、いってみましょう!

動画解説はこちら!

『Make Offer 』とは?

『Make Offer』とは、ebay内の商品ページにあるボタンで、値下げの交渉ができる方法です。




このボタンは、全ての商品についているわけではなく、一部の商品にのみついています!

しゅんぺー

『Make Offer』があったら絶対活用しよう!ラッキー!


商品一覧では、これが『Make Offer』があるサイン!




値下げの可能性がある商品に出会うとテンションが上がりますよ!笑

Make Offerの使い方

『Make Offer』のボタンをクリックすると、このような画面になります。



1個あたりの希望購入価格と希望購入個数を入力します。


オファーの有効期限は入力しなくて構いません。


このオファーはいくらでも値下げできるわけでなく、大体の値下げ範囲があります。


およそ10〜20%オフの金額が狙い目かと思います。


例えば、100ドルの商品があるとして、かなり勝負に出てみると

しゅんぺー

60ドルでなら買うよ!
すると、速攻で、
ジョークでっか?無理に決まってますやん。

ってなっちゃうので注意です。

輸入ビジネス開始当初は、攻めまくった値下げ交渉で断られっぱなしでした。笑


今ではこれくらいかなっていうすれすれラインを攻めることができるようになりました。


全てを入力してオファーをすると、


この価格で提出しますよ。という画面が出てくるので、『submit offer』をクリック!



オファーを送りましたよ!っていう画面になったら、OKです!





これで、Make Offerは完了です!


お疲れ様でした!

Make Offerは必ず利用したほうがいい!

Make Offerで希望の金額で購入することができるかどうかは、セラーから返信がきます。


オファーが承諾されれば必ず購入しなければいけないわけではないので、


ダメ元でも試してみる価値は大いにあります!


うまくいけば利益の出る幅が広がるということです!


また「〇〇ドルでどう?」ってセラーから提案が来る場合もあります。


焦らず冷静に対応していってくださいね。

パソコン1台で自由になる時代!?

私はパソコン一台あればいつでもどこでも働くことができるノマドワーカーという仕事をしています。

 

主に輸入ビジネスをしたり、ブログを書いたり、ノウハウや思考方法を教えたりしています。

 

テレワークという言葉が浸透しつつある背景にネット回線があれば収入になっていく環境が増えているからなんですよね。

 

そして、実店舗が必要のないネットなので初期投資がほとんどかからないメリットがあります。

 

学歴に縛られることもないし、自分がやった分は自分に全部帰ってくるという正当評価です。

 

だから、自分で何かやりたいとか会社に縛られるのが嫌だという方はぜひともチャレンジしていただきたいなと思います。

 

私も組織に縛られて自分の時間がなくなっていく人生に不安を感じて取り組み始めました。

 

教師をしていて輸入ビジネスの「輸」の字も知らなかったのに努力すればしっかりと結果はついてきました。

しゅんぺー

人生はトライアンドエラーです!

輸入ビジネスの攻略教材『Atlas』を期間限定で無料配布中!

私の今までの経験を盛り込んだ輸入ビジネスの攻略教材『Atlas』を作成しました。

 

初心者の方でも実践しやすいように段階的な作りになっていて今からでも始められるようになっています。

 

メルマガ登録者限定で、期間限定で無料配布中です。

無料メルマガでは、輸入ビジネスの初心者の方でも一から資産を作っていくノウハウや思考方法を配信しています。

 

私が今まで稼ぎ続けている方法や収入の自動化についてもお話ししていますよ!

 

開始3ヶ月で月利11万円を達成したコンテンツはこちら!


コンテンツを無料で受け取る

Atlasのご質問などは公式LINEでも受け付けています。

 

普段のお仕事の悩みなども個別メッセージでお気軽にお聞かせくださいね。

場所が近ければお茶でもいきましょう!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!



合わせて読みたい記事

ebayの値引き交渉術を画像付きで解説します。『直接メッセージ交渉編』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です