瀬戸内海の直島でノマドをしてみて感じた3つのこと。

どうも!しゅんぺーです!

2020年1月25日に直島でノマドライフを楽しんできました!

輸入ビジネスには関係ない記事ですので、読み飛ばしていただいても構いません。

とにかく直島最高でした!

直島ノマドの動画はこちら!




ではいってみましょう!

直島ノマドで感じた3つのこと

今回の旅、直島ノマドを通して感じた3つのことはこちらです。

  1. 現代アートっておもしろい!
  2. どこまでいっても”人”と”人”!
  3. やっぱりノマドはいい!

といった感じです。

 

今回はノマドライフの素晴らしさもそうですが、

 

それ以外にも普段大事にしていることとか

 

新たに付け加わった価値観とかも含めてお伝えしたいと思います。

そもそも直島ってどこ?

直島は瀬戸内海に位置する香川県の島です。

 

草間彌生のかぼちゃで有名なところです。

 

個人的に瀬戸内海は最高に好きなんですよね。

 

波が穏やかで島内には芸術が散りばめられています。

 

今回は直島で中学校の先生をしている大学時代の先輩に案内していただきました!

しゅんぺー

本当にありがとうございました!やっぱり持つべきことは人脈だ!

のんびりした街の風景や美術館が最高でした!

旅程はこんな感じです

8:00〜9:00
高松港から出港
フェリーからの景色を眺める。飽きてブログを書く(笑)
9:00〜10:30
街を散策
とにかくお洒落で時間がゆったりと流れる。
10:30〜12:00
カフェノマド
先輩を待つ間、瀬戸内海を眺めながらブログを書く。
12:30
カフェランチ
古民家を再生したお洒落なランチ
13:00〜15:00
家プロジェクト
民家を改装して町全体をアートにしているプロジェクトを体感
15:00〜17:00
黄色いかぼちゃとベネッセハウス
開眼沿いにたたずむ黄色のかぼちゃと瀬戸内海を一望できるベネッセハウス(美術館)
19:00
高松市街で宴
直島の振り返り・今と未来について語る

とまあこんな感じの充実した1日を過ごさせていただきました。

 

だいたいこれで直島の半分はめぐれたかと思います。

 

あと1日あれば3つある美術館を全てめぐることができたと思いますが、

 

お互いの事情で今回は1日だけということになりました。

 

てか、1日で芸術でお腹いっぱいです。

 

作品の意図の深さとか計算し尽くされた作りだとか芸術を深読みする思考とか充実しすぎました。

しゅんぺー

そしてなぜか顔が引きつるほど笑わさせていただきました。笑

では感じたことを深堀していきます。

1.現代アートっておもしろい!

現代アートを語る上で、まあまあ直島のアートのネタバレをしていくかもしれませんが、それも込みでぜひ直島へお越しください!笑

 

知っていた方が楽しめるということもありますから。

 

なんといっても現代アートの意図や発想とかが一番印象的でした。

 

私もブログを通して気持ちを言葉に代えて表現しているのでそう意味ではかなり刺激になりました。

 

そしてそれが意外と深くてしれば知るほどおもしろいんですよ。

ただただ真っ暗な部屋を使って「見えているけど見えていないもの」を表現したり(南寺)

家の襖の素材を使って「時代の移り変わり」を表現してみたり(石橋)

時にはダジャレで表現したり(I ♡ 湯 と はいしゃ)

 

もうなんでもありという感じです。

 

それでも理にかなっている意図があって納得がいきます。

 

でも、説明してくれないとただのオブジェや建物で終わります。

 

それで終わりたくない人は動画をみてください。

 

それでも分からなかったら私に聞くか現地のガイドさんに聞いてみてください。笑

 

そこで現代アートとのある共通点を見つけました!

 

私もブログやYoutubeなど、大きく見れば表現者なわけでいつも何か意図を持って発信しています。

 

そして、現代アートを手掛けた人たちも何かしらのメッセージを発信している表現者なのです。

 

伝わるように発信するかしないのかの差が少しはありそうですが、

 

伝えたい人に伝える技術はこれかも鍛えていきたいと現代アートを鑑賞して思いました。

 

ちなみに、、、

 

今回案内していただいたのは、『家プロジェクト』と『ベネッセハウス ミュージアム』です。

 

島内にはあと『地中美術館』と『李禹煥美術館』がありましたが、

 

今回は時間の都合上鑑賞することができませんでした。

 

なので第2回もすでに開催予定です。

 

ちなみに島民が案内の下なら全ての施設が島民割引でタダです!

しゅんぺー

島民万歳ですよ。本当に!

では、次!

2.どこまでいっても”人”と”人”

今回、大学時代の先輩に案内してもらったのですが、

 

その先輩と話したのは2ヶ月前の友人の結婚式です。

 

そこで「瀬戸内海でノマドがしたいんです!」ってことを周りの人に話していたところこの先輩が快諾してくれました!

 

それがなければ今回の直島ノマドがなかったと思ったら不思議です。

 

だから、やっぱりどこまでいっても”人”と”人”なんです。

 

今はほぼ一人でビジネスをしていますが、たまに懇親会をしてくれるコミュニティやメンター。

 

一緒に遊んでくれたり飲みにいってくれたりする友人たち。

 

一人じゃ直島に行っても今回以上に楽しめた自信はありません。

 

だから、改めてこうやって付き合ってくれる人たちに感謝しています。

本当にありがとうございました!めちゃくちゃ感謝してます!

しゅんぺー

次回はみんなでワイワイしましょう!

引き続き島民パワーを見せつけてくださいね。笑

3.やっぱりノマドっていい!

やっぱりいつでもどこでも働けることができるノマドっていいなと思いました。

 

パソコン一台あれば海を眺められるカフェでのんびり仕事ができるわけですからね。

 

待ち時間や移動時間も仕事の時間にできます。

 

何より自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

 

旅に出かけている時も「また明日から仕事か」と思わないですし、

 

みんなで楽しく飲んだ次の日は目覚ましをかけずに好きなだけ寝てもいい生活です。

 

そして、不思議なことに「自由になろう」と思えば思うほどにビジネスは加速していきます。

 

これも”人”と同じで先人が作ってくれたシステムに感謝しないといけないですね。

 

組織に縛られない働き方や生き方をこれからも発信していきたいと思います。

しゅんぺー

次回も待ってろ!直島!

輸入ビジネスで継続的に利益を出すこと

こうやってのんびりノマドをして旅行も楽しめているのは、輸入ビジネスで継続的に利益を出せているからなんですよね。

 

何より自分の好きな生き方ができていることが一番の幸せです。

 

自分の人生は自分で作っていけるという人生の選択権がありますからね。

 

そして、輸入ビジネスでノマドという形で継続的に利益を出すことは誰にでも可能性があることだと思います。

 

努力と諦めない気持ちがあれば利益は出ます。

 

そして利益をあげていく中で幅広いビジネススキルが身についてきます。

 

これが自分の枠を広げてワクワクさせてくれる要因です。

 

輸入ビジネスでは商品を管理するのが大変そうというイメージですが、

 

今ではパソコン1台で全てを管理して半自動化しています。

 

時間も場所も関係なく仕事ができるスタイルです。

無料で輸入ビジネスを実践してみよう!

私は輸入ビジネスを開始して3ヶ月で月利11万円を達成しました。

 

データに基づく仕入れを行うので不良在庫のようなものもほとんどありませんし、

 

ひと月に数万円、数十万円を稼げると、今よりも人生を少しでも豊かにできると思いませんか?

 

副業としてでも独立したい方でも取り入れられるビジネスです。

 

そんな想いをひっくるめて、今までの輸入ビジネスをギュッと凝縮しました。

 

その名も冒険の地図『Atlas』

 

メルマガ登録者限定で、輸入ビジネスの攻略マニュアルを期間限定で無料配布しています。

メルマガでは、輸入ビジネスで自由になるノウハウや思考方法をメインに発信しています。

 

また、収益の自動化させるための仕組み作りなども公開しています。

 

ブログに載せていないホットな情報も配信しています!

 

開始3ヶ月で月利11万円を稼いだマニュアルはこちら!

無料コンテンツを受け取る

Atlasのご質問やご感想は公式ラインにて受け付けています。

 

普段の仕事の悩みもお聞きしていますよ。

場所が近ければお茶でもしましょう!

 

合わせて読みたい記事

あらためてノマドが最高だと思った瞬間!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です