PayPayフリマを1ヶ月使ってみて。感想や使いご心地を解説していきます。

どうも!しゅんぺーです!

PayPayフリマのリリースから2ヶ月弱が経ちました。

今回は、1ヶ月ほど利用してみての『売る方』と『買う方』の感想を解説していきたいと思います。

では、いってみましょう!

動画解説はこちら!

PayPayフリマで『売る』メリット



PayPayフリマで商品を売ってみて1ヶ月。


メリットと感じたのはこちらです。

  • ヤフオクと同時出品ができる!
  • 他のサービスと同じように商品が売れる!
順番に見ていきましょう!

①ヤフオクとの同時出品ができる!


PayPayフリマはヤフオクと連携しているので、


”ヤフオクで出品” と同時に ”PayPayフリマで出品” ができます。


詳しくはこちらの記事でご覧ください。

ヤクオクとPayPayフリマを連携させて同時出品する方法を解説します!

この機能によって、”ついでに出品”が可能になったわけです。


なので、「ヤフオクでは売れなかったけど、PayPayフリマでは売れた!」ということも何回かあります。


一つ分の労力で二つのプラットホームで販売できるわけですから使わない手はないですよね。


それで売れるのであればなおさらですよね。

②他のサービスと同じように商品は売れる!


まだまだ、新しいサービスなのでメインプラットホームとして活用していくのは大変だと思いますが、他のサービスと比較しても遜色はないと思います。


他のプラットホームとは『メルカリ』『ラクマ』『ヤフオク』などです。


その中でもPayPayフリマは、メルカリと同じ販売手数料で内容もよく似ています。


だから、個人的にはPayPayフリマもメルカリと同じように大きくなっていくのかなと思っています。
(価格の相談とか好きなサービスも多いし。)


試しにメルカリと同じ商品をPayPayフリマでもいくつか出品しました。


まだ、販売個数やアクセス数はメルカリの方が上です。


しかし、PayPayフリマも負けていません。


まだ正確なデータは取れていませんが、いくつかの商品を試したところ、


『メルカリで3個売れるときにPayPayフリマで1個売れる』


っていう感覚はあります。


これだけ伝えると劣っているように感じますが、PayPayフリマの方が早く売れた商品もありますよ!


リリースされて2ヶ月ほどですが結果が出ているプラットホームなので今後に期待です。


キャンペーンも充実しているので買い手は増えてくるかと思います。

あなたはもう使った?売るだけじゃない。買うのもPayPayフリマがお得なキャンペーン!

PayPayフリマで『買う』メリット

PayPayフリマでは、売ることだけでなく買うこともオススメします。


私は本を読むのが好きなのでいかに本を安く買えるかを重視します。
(状態はそこまで気にしません。)


アマゾンやヤフオクでまとめて安く購入するのですが、新しい本などはPayPayフリマやメルカリなどの個人から購入した方が安くなることが多いです。


実際に又吉直樹の『人間』を購入しました。



(小説もよく読みます。番外編でブックランキングもありですね。)


価格を比較してみましょう!

定価 ¥1540
(高いな。買うのやめようかな。)
ブックオフ ¥982
(買ってもいいけど、ちょっと高いな。悩む。)
PayPayフリマ ¥325
(安っ!買っちゃいましょう!笑)

初回クーポンやキャンペーンをフル活用すればこれだけ安くなります。


買うときも最安値になるのであれば利用してもいいなと思います。


本だけでなく、あなたが欲しいものが安く手に入るのであるのであればお得なことだと思います。


調べる手間を惜しまなければ良い品は見つかると思います!

しゅんぺー

定価の4分の1はやばいですよね。

PayPayフリマのデメリット


デメリットと言える程かは分かりませんが、


”まだまだユーザーが少ない”ということです。


ユーザーが少ない分、販売個数は自然と少なくなります。


だから、積極的にPayPayフリマで販売している方は「なかなか売れないな。やっぱりメルカリでいくか。」ってなってしまうんですよね。


でも、継続は力だと思います。


これは時間とともに解決されていく問題ですし。


キャンペーンが充実しているのでPayPayフリマユーザーは増えます。


その時に、評価や売り方が分かっている人の方が強いです。


なので、今PayPayフリマを利用して販売している方も続けていくことをオススメします。


デメリットは裏返せばメリットですからね。


”個人”で売れる力を養っていきましょう!

個人で販売できる強み



これは余談ですが、


最近実家の大掃除をしました。


そこで本を処分することにしました。


「ヤフオクの評価稼ぎのために残しておこう」かとも思ったのですが、


「早く片付けたい」という思いの方が強くブックオフに全て売りに行きました!


その数何と121冊!

しゅんぺー

どうりで重いし、部屋が狭いわけだ。笑
ちょっと期待した金額も¥1720にしかなりませんでした。


私が輸入ビジネスの可能性に気がついたのは『不要品の販売』からです。


なので、教師時代の教育書などもたくさん売りました。


1冊500円ほどで売れる本もありますし、最安値で100円くらいの利益です。


それを考えると121冊で1720円は、「安いなー」と思ってしまったわけです。
(部屋がきれいになった嬉しさはありますが)


この大掃除というイベントでもインターネットを通して”個人”で販売できることの強みを肌で感じました。


又吉直樹の『人間』はおそらく購入価格以上の販売価格になりますよね。


これが物販の流通でもあるし、私が輸入ビジネスを始めるきっかけになったマインドなのだとあらためて実感しました!


”個人”でものを売れることは強いです!


私は元教師で、輸入ビジネスを開始して3ヶ月で月利11万円を達成し、今ではパソコン一台で世界中どこでも仕事をすることができます。


日々自由への冒険をしています!

期間限定で輸入ビジネス攻略マニュアル『Atlas』を無料配布中!

私は輸入ビジネスをパソコン1台で完結するビジネスとして取り組んでいます。

 

その仕組みも半自動化させて週3時間の作業時間で月利19万円も達成できるほどです。

 

そこで生まれた時間でやりたいことに取り組む自由を手に入れたわけです。

 

1日の24時間を全て自分でコントロールしています。

 

そんな人生の選択肢を増やす方法をたくさんの方に実践していただくためにも輸入ビジネスの攻略マニュアル『Atlas』を作成しました。

 

 

期間限定で、無料メルマガ登録者限定で無料配布中です。

無料メルマガでは、輸入ビジネスの初心者でも一から資産を作っていくノウハウや思考方法を配信しています。

 

また、今でも私が輸入ビジネスの現役プレイヤーなのでより新鮮な最新情報が手に入ります。

 

開始3ヶ月で月利11万円を達成したコンテンツはこちら!

無料でコンテンツを受け取る

輸入ビジネスの攻略マニュアル『Atlas』のご質問などは公式LINEでも受け付けています。

 

普段の仕事の悩みなどもお気軽にお声がけくださいね。

場所が近ければお茶でもいきましょうね!

 

では、次回の記事でもお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

PayPayフリマの機能の使い方を3分で解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です