欧米輸入で10万円稼げるようになるまでに躓く5つのポイント。

どうも!しゅんぺーです!

輸入ビジネスでの一つの壁が「10万円の壁」です。

そこをクリアできるとかなり働き方と生き方の幅が広がります。

今回は躓きやすいポイントをまとめてみました。

では、いってみましょう!

欧米輸入で月利10万円までの躓く5つのポイント

欧米輸入で10万円の利益を出すまでに躓く5つのポイントはこちらです。

  1. 時間がうまく確保できない。
  2. 商品リサーチの大変さ。
  3. 仕入れ額の大きさ。
  4. 気を付けることが多くなる。
  5. 継続することがめんどくさくなる。

欧米輸入で10万円に到達するまでにたくさんの人たちがやめていきます。

 

上記の理由がほとんどです。

 

たいていの人が「簡単に稼げる」とか「絶対に結果が出る」とか

 

そういう類の文言につられてしまって努力を忘れてしまったり、楽な方に行こうとしがちです。

 

しかし、会社に縛られずに自分の力だけで10万円を稼ぐのはそんなに簡単なことではありません。

 

そこを理解した上で輸入ビジネスに取り組んでもらえれば幸いです。

 

ではそれぞれの躓きをみていきましょう!

1.時間がうまく確保できない

「時間がないんです」これが理由になってしまうと何もできなくなります。

 

ビジネスの開始当初は何かと登録などで時間がかかりますし、収益になるためにはもっと時間がかかります。

 

収益が投資額を上回る”リクープライン”に到達するまでは正直疲れます。

 

しかし、そのさきの生き方や働き方を見据えて行動することができた人が10万円に達成できると思います。

 

そして、ある程度スピード感を持ってビジネスができれば結果もついてきます。

 

なので時間がないのではなく、時間を作ることを心がけましょう!

 

時間関係の記事はこちらから!

「時間がない」と思った時にやってみる3つのこと

2.商品リサーチの大変さ

始めの利益を出す最大の壁は商品リサーチだと思います。

 

欧米輸入は完全にデータに基づいて仕入れを行います。

 

なので開始当初は相当商品リサーチに時間がかかります。

しゅんぺー

私も初めて売れる商品を見つけるまでは5日くらい必死に探しました!

この壁が乗り越えられず、やめる方にズルズルといってしまう方がいます。

 

そして、データに基づく商品選びをせずに自分の判断で仕入れてしまうと必ず失敗します。

(ある程度商品を見つける能力が身につくと自分の判断でも選べます)

 

最初は「簡単な作業」ではありませんが、これを「当たり前の作業」にできると自然と利益が出ます。

 

その状態になるまでしんどい時期はあると思いますが頑張っていただきたいです。

 

商品リサーチの基本はこちら!

ヤフオクで売れる商品を見つける方法を画像付きで解説します。『Part① キーワード検索』

3.仕入れ額の大きさ

輸入ビジネスを開始当初は、お金の感覚がわかりません。

 

私もここは引っかかったポイントです。

 

利益率が20%だとしたら50万円分売らないと利益が10万円にいかない。

 

って考えてしまうとなかなかにハードル高くなりますよね。

しゅんぺー

60万円もないよ

という人もいるでしょう。

 

私も初期投資は30万円〜40万円くらいでした。

 

しかし、一気にこのお金が使われるわけではないです。

 

売れる商品にお金を回していくのでお金が徐々に増えながら増えた分を使っていくので利益も大きくなっていきますよね。

 

この考えはキャッシュフローにも繋がっていくので経営をしていくには大切な感覚です。

 

小額からでも利益は出せますし、拡大もできます。
(1つ売ったら利益が5000円以上のアイテムを揃えればすぐです)

 

仕入額を回転させていく考えや感覚を身につけていけば利益10万円は達成できます。

4.気をつけるところが多くなる

仕入れる商品が増えていくと管理も大変になります。

 

商品を受け取って、検品をして、梱包をして、発送をする。

 

そして、手持ち金額を計算して仕入れて、お客さんにもメッセージを送って、、、

 

やることが増えてきますよね。

 

利益が出てきたけど、この管理が嫌だからやめるという人もいます。

 

「時間を作って自由になるために始めたビジネスで時間がなくなってしまう」

 

みたいなジレンマに陥ってしまうわけです。

 

これも確かにそうなんですけど”外注化”によって解決できます。

 

自分がやる必要ないことは迷わず外注化することをオススメします。

 

商品を管理するようなシートをエクセルで作ったり、代行発送会社と契約して受け取りから発送までしてもらったり、

 

クラウドワークスで取引メッセージや商品リサーチをお願いしたり、

 

自分の分身を外注化で作って、自分の時間を作ることこそが本当の自由ですから。

 

自分がやらなくていいことは他人に任せて、自分のするべきことをやりましょう!

 

そして、自分が働かないようにするための仕組みづくりを利益10万円に近くに連れて行っていきましょう!

自己発送から代行発送に切り替えて得た3つのこと。

5.継続することがめんどくさくなる

こういう声も聞こえてきます。

 

これも外注化に繋がってくるんですけど、

 

ここでは考え方をご紹介します。

 

そもそもどんな継続がめんどくさいのか。

  • 商品の管理のめんどくささ。
  • こんなものかと思ってしまう。
  • ありがたみを忘れてしまう。

こんな感じです。

 

商品の管理は外注化によって解消されます。

 

「こんなものかと思ってしまう」

これは利益が5万円くらいの時に思う人が多いと思います。

 

今の自分の大変さがある分、その先にどんな未来があるのかが見えていない証拠です。

 

「これで継続して稼げるのか」とか「大きな利益は出ない」とかを考えて途中でやめてしまう人です。

 

これもふるいにかけられるようですが利益を出す人と出せない人のマインドです。

 

こういう人は直接取引などを経験して”ビジネスの広がりの可能性”を感じてもらいたいです。

 

「ありがたみを忘れてしまう」

自分だけの力で10万円を稼ぐというのは並大抵のことではありません。

 

努力次第でなんとでもなると思っていますが、継続してできないのも事実です。

 

しかし、そのマインドではどんなビジネスも成功できません。

 

この世に「簡単に稼げる」みたいなうまい話はそう多くありませんからね。

 

数万円を稼ぐことができている力に感謝しつつ、その方法を進化させながら拡大させていくだけです。

 

その過程は地道で泥臭いかもしれませんが、そのやってきたものがそのまま資産として残りますからね。

 

目先の利益ばかりに目が行きがちですが、”目先の先”を見据えて継続して努力をしていきましょう!

輸入ビジネスは再現性の高いビジネス

輸入ビジネスは比較的早く結果が出やすいビジネスです。

 

私も開始3ヶ月で月利11万円を達成できたほどです。

 

周りの人も2、3ヶ月で10万円以上を達成されている方が多いのも事実です。

 

データに基づく仕入れを行うため不良在庫を抱えたこともないですし、

 

在庫商品はいつかは売れます。

 

そして、利益がマイナスになることもほぼありません。

 

マイナスが出るとしても何百円程度です。

 

利益が少なければ売れ残ることもないというわけです。
(もちろん大半の商品が利益をとります)

 

そういう面から見ても非常に再現性の高いビジネスだと言えます。

 

しかも仕入れ商品をデータ化して資産化しておけば後々作業時間は減ります。

 

なので、資産化していきやすい作業量に見合ったビジネスでもあります。

 

今では仕組み化と外注化のおかげで週に5、6時間で月利10万円以上の利益を出すことができています。

パソコン1台で自由なライフスタイルを!

パソコン1台あればいつでもどこでも仕事ができることから、

 

好きな事を惜しみなくすることができたり、

 

大切な人のために使う時間を自分で作り出すことができています。

 

私はこの働き方で自由なライフスタイルを手に入れました。

 

目覚ましをかけない朝。

 

のんびりと自宅やカフェでコーヒーを飲みながらパソコンを広げて仕事をする日中。

 

大切な人と過ごす夜。

 

など結構自由に働く時間や生活の時間が組めます。

 

これを『人生の選択肢が増えた』と捉えています。

 

そんな私が輸入ビジネスの攻略コンテンツを作成しました!

輸入ビジネス攻略コンテンツ『冒険地図Atlas』

今までのノウハウを余すことなく盛り込んで作りました!

 

今も更新中で、一度手に入れておけば更新されていきます。

 

メルマガ登録者限定で、期間限定で無料配布中です!

メルマガではビジネスに関する最新の知識や情報を配信中です。

 

稼ぎ続ける仕組みづくりについてもお話ししていますよ!

 

 

開始3ヶ月で月利11万円を達成したコンテンツはこちら!

コンテンツを無料で受け取る

Atlasでのご質問は公式LINEでも受け付けています。

 

普段の仕事の悩みなどの個人メッセージも大歓迎です。

場所が近ければお茶でもいきましょう!

 

合わせて読みたい記事

砂時計型のビジネスモデルを目指して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です